各部署紹介

2階病棟

病床数

急性期病床35床、地域包括ケア病床10床

看護体制等

7対1看護体制、急性期看護補助体制加算、医師事務作業補助体制加算

平均在院日数

9.2日(2017年) 急性期8.6日/地域包括11.1日(2018年) 急性期8.3日/地域包括11.5日(2019年)

病床利用率

99.0%(2017年) 99.8%(2018年) 98.9%(2019年)

スタッフ数

看護師32人、メディカルアシスタント8人、医療クラーク1人

看護方式

受け持ち制、部屋持ち制、機能別(一部)

勤務体制

3交替制

区分 時間 看護師数等
日勤 8:30~17:30  
準夜勤 16:30~1:00 2人(遅出人数含め21:30までは4人)
深夜勤 0:30~9:00 2人(早出人数含め6:00からは3人)
遅出 17:30~21:30 1人~2人
早出 6:00~10:00 1人
主な疾患

内科:糖尿病、高血圧、胃潰瘍、肝硬変
整形外科:腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、関節リウマチ、大腿骨頸部骨折

特色

脊椎や関節の整形外科領域を中心に、年間約1500件の周手術期患者さんの看護にあたっています。リウマチ治療の入院もあります。深部静脈血栓対策チーム等のチーム活動も活発に行われています。

3階病棟

病床数

回復期リハビリテーション病棟30床

看護体制等

13対1看護体制

平均在院日数

19.3日(2017年) 17.6日(2018年) 17.9日(2019年)

病床利用率

99.7%(2017年) 98.9%(2018年) 97.7%(2019年)

スタッフ数

看護師15人、メディカルアシスタント3人

看護方式

受け持ち制、部屋持ち制、機能別(一部)

勤務体制

3交替制

区分 時間 看護師数等
日勤 8:30~17:30  
準夜勤 16:30~1:00 2人(時差出勤含め19:00までは3人)
深夜勤 0:30~9:00 2人(時差出勤含め7:00からは3人)
主な疾患

脳卒中や骨折等の急性期の治療を終えた回復期リハビリテーションを必要とする患者

特色

当院の一般病床で急性期治療を終えた整形外科手術後の患者さん、近隣の救急病院や脳神経外科専門病院で急性期治療を終えた脳血管疾患等の患者さんが回復期の集中的なリハビリテーションを行います。病棟専従の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士等のセラピスト、病棟医、MSWも含め常に多職種間のチームワークを最も大切にしています。

手術室

スタッフ数

看護師10人、メディカルアシスタント2人

手術実績(年間)

2019年度 手術件数 1550件

科別内訳 整形外科

1464件

形成外科 86件
麻酔別内訳 全身麻酔 1032件
脊椎麻酔 110件
局所麻酔 336件

主な手術

脊椎
椎間板摘出術 50件
椎弓切除術 141件
脊椎固定術 152件
内視鏡下椎間板摘出術 75件

主な手術

下肢
骨折観血的手術 大腿 48件
人工骨頭挿入術 股 18件
人工股関節置換術 147件
人工膝関節置換術 265件
特色

整形外科の手術が多く、特に脊椎疾患と人工関節の手術件数が多くなっています。痛みの治療として、高周波治療を月に20~30件行っています。

外来

スタッフ数

看護師10人

1日平均外来患者数

186人/日(2017年) 204人/日(2018年) 230人/日(2019年)

特色

内科、整形外科の一般外来と関節、脊椎の専門外来、リウマチの生物学的療法やペインクリニックも行っています。

 

このページの先頭へ